ジャズ ソルフェージュ Jazz Solfege
ジャズ・ミュージシャン ボーカリスト 作曲のための
移動ド ソルフェージュ(12 音) とイヤ
ー・トレーニング
宇野重行 編著
ジャズ・ソルフェージュ サポートページhttps://www.facebook.com/jazzsolfege

現在、以下の補充楽譜がプリントできます。 

(1)アプローチ・ノートの練習(2)「インダイレクト・リゾリューション」(2pages) 2014.8.15

(2)トライアドを歌う (5pages) 2014.8.19

(3)セブンスコードを歌う(8pages) 2014.9.16

第2章と第3章の練習用音源があります。

その他、質問にお答えしています。

内容紹介

1)この本は、バークリー音楽大学で行われているイヤー・トレーニングの授業を基礎として、作曲や音楽理論の要素などを加え、切り口を変え、より体系的に一冊に編纂したものです。

2) この本の目的はソルフェージュと呼ばれる言葉(ドレミ・・・のこと。12音使います)を使い、階名(移動ド)で歌うことにより、特にジャズや作曲に必要な相対音感を養うと共に、音楽訓練を容易にすることにあります。これは、聞くイヤー・トレーニングではなく、歌って獲得する音楽耳のトレーニング本といえます。

3)ソルフェージュの歌い方はいくつかあるが、この本は現在バークリー音楽大学など、英語圏で採用されているものを使っている。(12音ソルフェージュではRとLの発音の区別が必要となるが、人に聞かせるものではなく自分の中で区別できていれば問題はない。)

4)練習をしながら楽器の訓練やメロディーの作り方が勉強できるように、練習曲を構成すると共に、Public Domainのジャズ・スタンダード曲を使い、そのまま実践でも使えるようにした。

5)移動ド・ソルフェージュの効果の一部を紹介すると、①曲が覚えやすく、忘れ難くなる。②楽譜を読んでその音楽が理解できるようになる。③聞こえてきたメロディーがソルフェージュで浮かび、譜面に書くことも容易になる。④移調、転調が容易くなる。
特に大人になってから音楽を始めた人のイヤー・トレーニングとして大きな効果があります。

【各章と内容】

CHAPTER 1 移動ド・ソルフェージュと練習方法
・・・・・ ソルフェージュとは? ソルフェージュの効果、目的と練習方法について。

CHAPTER 2 メジャー・スケールを歌う
・・・・・ インターバルを歌う基礎となるスケール練習(2度音程)を、様々なスケール・パターンを使って練習します。

CHAPTER 3 インターバル(音程)を歌う
・・・・・ 全てのインターバルが正確に歌えれば、初見の譜面も歌える。各インターバル毎に練習していきます。Sol-Faを歌う。

CHAPTER 4 移動ドで歌う
・・・・・ 簡単な曲から初め、移動ドに慣れていきます。 TrichordとTetrachord

CHAPTER 5 12音ソルフェージュのマスター
・・・・・ 7音以外の音、1音毎にフォーカスを当て、曲例と共にマスターしていきます。

CHAPTER 6 種々のスケール、コードを歌う
・・・・・ スケールやコードを理解するために、それをソルフェージュで歌います。

CHAPTER 7 転調を移動ドで歌う
・・・・・ 実際の曲を使って歌い方を説明しています。

CHAPTER 8 インプロヴァイズ・ソロを歌う
・・・・・ 半音音階の練習。アプローチノートの種類と練習、曲例。ビバップ・フレーズを中心としたアドリブ・ソロをソルフェージュで歌う練習。

レビューの紹介

(アマゾン・レビュー)

NORI   画期的です  

今までこういう種類の本を何冊も買ってはそのままってことがほとんどでしたがこれは違います。ぺらぺらと見ただけでわかりやすい!これなら勉強が続けれらると確信しました。家族で取り合いして使ってます。今までに挫折したことのある人是非買って試してみてください。本当にわかりやすいです。

winddog  買うならこれだ!音感トレーニング本の決定版。 

音感向上のための的確な内容が簡潔にまとめられています。1冊まるごとがトレーニング・実習に特化した
焦点の明確な構成なので非常に使い易く確実な効果が期待できます。無駄に厚い体裁は取っていませんが、内容のぎっしり詰まったソリッドな造りに好感が持てます。また、教材のコンセプトをジャズに置いているのでジャズ関係者には特に親しみやすいものだと思います。もちろん優れた内容の本書は他ジャンルの方々にも効果大です。
「大人になって音楽を始めた私は耳に自信がなかったのですが、ソルフェージュで歌うことの効果は大きく、大人になってからも十分音楽的な耳が良くなるということを身をもって実感することになりました。(著者)」
ソルフェージュは視唱力、メロディー構造の理解・分析力、音楽的記憶力、楽器演奏力、移調力、即興力、作・編曲能力を高めます。また、英会話教育でよく言われる「口に出せる英語は聴き取れる」と同様に聴音能力の向上にも効果抜群なのです。
本書の基本システムはトニックソルファ法を土台としたそれほど目新しいものではないのですが、教材の提示順序や練習方法の説明が非常に的確な点が実用性に於いて画期的と言えます。つまり「何を」については目新しくなくても「どう(学んでいくか)」についてが画期的なのです。例として、ある程度音楽的知識のある方であれば最初にチャプター7「転調を移動ドで歌う」に軽く目を通して頂ければ本書の優れた内容と使い易さを実感できると思います。
Methodeと言うものはなかなか個人の思い付きレベルでは完成しないものです。その点本書はバークリー音楽院のイヤートレーニングで長年にわたり実践・検討・淘汰・修正を経てきた内容に著者が自らの経験と工夫を交え編纂した信頼度の高いものです。
「日本には子供用のソルフェージュ本はあるが、大人のそれは皆無に等しい。それならばということで、これを書く事にしました。(著者)」大人のための音感教育のテキストで良いものが見つけられなかった状況を変えてくれた著者に称賛と感謝を贈りたい気持ちです。

他4件のレビューがあります。 

大作のレビューを含め、非常に参考になります。 要チェックです。

Facebook他コメント)

T.H. (ジャズギター研究会投稿より) 軽くレヴューをば…   ざっくりした内容は
種々のスケールやジャズの曲を移動ドで唱えるようになるためのエクササイズがいっぱいあります。
よかったのは単にエクササイズがあるだけじゃなく、唱うためのこつや覚えるべきことを覚えるためのこつが各所にちりばめられているところです。

何はともあれ、移動ドで唱うことからジャズ理論や曲を理解できるような内容はとても良いなと感じました!
頭→耳の理解じゃなくて、耳→頭という順番で学んでいける点がすばらしいと思いました。

他にも一旦色々書いてみたんですが、長くなり分かりにくかったので、消しました(笑)

あ、あと、この本のFacebookページに質問をしたらものすごく丁寧に対応してくださりました。
個人的には買って損はない内容だと思いました!
他、気になる点がありましたらご連絡ください♪

Bert Seager Bert Seager 氏(New England Conservatory 教授, Boston, U.S.A.)(2014.2.17)
For anyone wanting to learn about jazz and improvisation the musical examples in your book Jazz Solfege will help enormously to get a person started and fluent on their instrument. The material you have provided is very valuable.

Though I cannot read the Japanese text - the musical examples provide a very important foundation. I liked your lines towards the end of the book with the approach tones - and your bebop lines are nice examples as well.

Y.Y.
よい本だと思いますよ。使用してもらえる音楽教室、クラス、実践する講師がたくさん増えるとよいですね。
(2014.03.06)

R.U.
おもしろそうですね!ぜひ見てみたいです^o^(2014.03.06)
今届きました!早速見ていますが、順序よく書いておられてとてもわかりやすいです!イヤトレの教科書としてレッスンで使わせていただきますね!
(2014.03.08)

S.S.
買います。生徒にも使いますが、自分で使います。
(2014.03.06)
今日届きました!素晴らしい!これは使えます。
(2014.03.08)
内容が素晴らしいです。きっと沢山の人の役に立つに違いありません。
(2014.03.11)

K.O.
買います!こんな本をずっと探していました。
(2014.03.07)
本を通してレッスンを受けているようで嬉しいです。まだ始めたばかりなのでハ長調は簡単に歌えて楽しいです。だんだん難しくなると思いますが、続けたいと思います。
(2013.03.15)

F.I.
ソルフェージュって言葉は一般の趣味でジャズやってる人はあまり知らないようですが、音程の説明やスケールの解説もあり、関心示してくれる人結構いるようです。私もこれを機会に、生徒にも説明するようにしてます。
(2014.03.10)

S.I.
分かりやすいです!入っている合唱団で音取りに使っており移動ドに馴染みはありますので、改めての勉強になります。短調に入ってから少し難しくなりゆっくり読んでいます。
(2014.03.14)

K.T.
ご本、拝見しました。
今までの本にない斬新な内容で大変参考になりました。
生徒達にもレッスンで使わせたいと思うのですが、このご時世のせいか
地道なトレーニングを望む人は少なく、今のところ使わせてみたい生徒は 名くらいです。
(2014.03.14)

A.K.
PS.最近自転車で転んで右肩に怪我をしてしまったこともあり、ソルフェージュを初めからしっかりやり始めました。
耳の訓練としてたいへんためになっています。(2014.09)

ちなみにソルフェージュ本はほぼ終わりました。明らかに効果を感じてます。(2015.01)

A.K.
ソルフェージュの本買いました!
ギターを弾いてますが、とても素晴らしい内容でした。練習してみます。(2015.08.26)

Y.M.
はじめまして。こんにちは!趣味でJAZZを始めてから、スキャットに興味を持ち「ソルフェージュを学びたい、でも、ジャズのためのソルフェージュ本城がなかなか見つからない…」という時に、宇野さんの本と出会いました。
やってみて……
ものすごくものすごく楽しいです!
これからもJAZZ ソルフェージュ、続けていきます。素晴らしい本をありがとうございます…!!(2015.7.29)

M.M.
先だって、子供のソルフェージュの練習のためにジャズ・ソルフェージュを購入させて頂きました。子供は小学校4年生で、音楽教室でソルフェージュを習っております。
子供の音楽教室は一般と同様で、12音の移動ドでは教えていないのです。
その教室には幼稚園の頃から通っているのですが、絶対音感はあっても音をまとまりでとらえるのがどうも不得意で、理解度にかなりむらがあり、何か良いものはないかとネットで探しておりました。
そうしてようやく最近、宇野様のご著書に巡り合ったのでした。

私が畑違いなので、果たして理論を子供に説明できるのか、ご著書が届くまで不安がございましたが、実際に手に取ると素人にもわかりやすい解説で、何よりも、子供には相対音感を鍛えることが有効だということがよく分かりました。
解決方法と同時に子供が困っている原因まで明らかになり、ほっといたしました。
これなら何とか家庭でもやっていけそうだと嬉しく思っております。
長々と失礼いたしました。
子供が苦手を克服致しましたら、またご報告させて下さい。(2016.4.15)

ジャズ・ソルフェージュ

ジャズ・ミュージシャン ボーカリスト 作曲のための
移動ド ソルフェージュ(12 音) とイヤー・トレーニング

A4版 123ページ 2,500円(+消費税)

宇野重行 編著

ご購入は、

Amazonサイトに移行

中身を閲覧する

「ジャズ・ソルフェージュ」について

 「初めに」で書いたとおり、この本を書くことにしたのは、この種の本が無いからです。何故無いのかを考えてみました。 

 必要ないから、でしょうか?生徒には分からないので、音楽家である教師が必要ないと思っている、ということになります。音楽教師という立場の音楽家のほとんどは、子供の時から音楽教育を受けています。彼らはソルフェージュの教育を受けた人もいますが、この本の内容とは違うと思います。音楽耳は、幼少期からの音楽教育によって、この本のような訓練をしなくても自然と獲得できたので、必要とは思わないのではないでしょうか?それでは、大人になってから音楽を始めた人はどうしたらいいのでしょう?

 バークリーのイアー・トレーニングは全学生共通必須科目は1〜4まであり、一つの大きな部門をなしています。もちろん大人向けですが、この必須科目は入学時のテストの成績により、授業を受けずに単位が獲得できます。従って音楽耳をもった学生は、実際には授業を受けていないことが多いです。この様なこともあまり本がないという理由かもしれません。バークリー以外の音楽大学ジャズ科においても、ジャズ・ソルフェージュ、Jazz Ear Trainingなどの名前でカリキュラムが設けられています。

 私はバークリーに行く前から音楽耳の特殊性に興味があり、ずっと考えていたこともあり、この「ジャズ・ソルフェージュ」を書くことにしました。

 この本は、教則本や理論書というより、いわばワーク・ブックです。じっくりと向き合うことで初めて成果がでます。一人でやり通すのはかなり難しいかもしれません。しかし、この様な基礎をしっかりとやっておくと音楽の上達が早いといえます。